H29 海の自然学校 ~矢代湾で生きる~ 6日目

昨晩は無人浜(カタボコ浜)に泊まった子どもたち。小さな川をせき止めて塩ビ管で細工をした場所で水浴びしたり、大瀬さんが作ったたき火の周りで語り合ったり、様々な夜を過ごしたみたいです。子どもたちはぐっすり寝ていたようです。朝早く起きた子どもたちは今日も元気です。朝から踊っていました。

朝ごはんはフレンチトーストでした。すみません・・・写真がありません・・・。お昼の行動食を配布している写真はあったのですが・・・。

シーカヤックで遊びに行きます。風も弱く波も穏やかです。

行動食のリンゴをかじりながら漕ぎます。

途中、こんな岩場があって飛び込む子どもたちもいました。

田烏海岸によって、少し遊びました。

この後、田烏の棚田の下の浜に行って遊びました。

差し入れでいただいたスイカを食べました。ごちそうさまでした。

カサゴが釣れました。

カタボコ浜に帰ります。

夕食は若狭湾の職員スタッフが牛丼、みそ汁、キュウリの塩昆布あえを作りました。その間子どもたちは遊んでます。食事作りの時間をちょっと減らしてあげて遊ぶ時間を確保するためにスタッフが作りました。

いただきまーす!

夕食時に雨に少し降られましたが、大した雨ではありません。無人浜最後の夜を楽しんでもらいたいです。(おくパパ)