H29 海の自然学校 ~矢代湾で生きる~ 最終日 子供たちが8日間夏の海で体験学習

いよいよ海の自然学校も最終日となってしまいました。真っ黒になった子どもたちはこの一週間をふりかえる日です。朝食の様子です。

今日の予定を西浦企画指導専門職から話しました。黒板の字が見えるかな。

子どもたちは2時間ほど自由に散策して一人きりで自然学校のことをふりかえる時間を取りました。自分の好きなところへ行って、何を思ったのでしょうか。

研修室に戻り、自然学校を通して感じたことを作文にしました。

お昼を食べた後は閉校式です。子どもたちに修了証を渡しました。

ナマズン(鯰江大輝くん)

まい(湯川真衣さん)

直ちゃん(山下直喜くん)

なっち(丸山夏槻くん)

たいが(加勢大雅くん)

ゆう(並木優くん)

開晴(土井開晴くん)

さくらんぼ(橋本さくらさん)

雄大(三宅雄大くん)

たくみ(中江拓己くん)

マサ(仲野晟史くん)

みゆ(矢川美結さん)

甘夏みかん(黒田ゆきのさん)

恒俊(陌間恒俊くん)

ダイキ(橋本大希くん)

浩太郎(三宅浩太郎くん)

のぶ(清水伸也くん)

主催者あいさつの後、ボランティアから一言いただきました。みんな、子どもたちが大好きで本当によく働いてくれました。ありがとうございました。

参加者代表者あいさつです。西浦さんがくじ引きで決めた代表者は、三宅雄大くんでした!とても立派なあいさつで、感動しました。

みんな、駅まで送迎のマイクロバスやお迎えに来られた保護者の車で帰っていきました。

8日間は過ぎてみればあっという間でした。子どもたちはどう感じたのでしょうか。これからもいろんな体験、チャレンジをして、たくましく成長していってほしいです。2月の自然学校同窓会で再開することを楽しみにしています。(おくパパ)