HOME > 法人ボランティア募集

ボランティア活動について

法人ボランティアについて

  • 独立行政法人国立青少年教育振興機構が定めるボランティア登録制度です
  • 当施設でボランティア活動をしていただくためには、この法人ボランティア登録が必要です
  • 法人ボランティアとして登録できる者は、概ね15歳以上(中学生を除く)の青年及び青少年教育に関心のある者
  • 法人ボランティアに登録された者は、当機構に属する28施設でボランティア活動をすることが出来ます
  • 有効期間は、登録を行った日の属する年度の末日までです
    引き続きボランティア登録を希望する場合は、更新申込書を提出してください
  • 法人ボランティアは、活動を行うときには登録証を携帯してください
  • 法人ボランティアの登録が抹消されたときは、登録証を交付した教育拠点に返却してください
  • ボランティア活動で宿泊を伴う場合、ボランティアの宿泊施設利用は無料です
  • ボランティア活動に参加する場合、必ず事前にボランティア活動保険に加入してから参加してください
  • 当施設でボランティア活動を行なっていただいた場合、交通費、日当及び食卓料を支給します

国立若狭湾青少年自然の家ボランティアとして

  1. 自主的に参加する
    「Volunteer」とは「自発的」という意味です。自分の明確な意思を持って参加してください。
    ボランティアの仕事は実際にボランティアとして参加して覚えていくことが多いので、積極的に参加してください。
  2. 利用者のお手本となるように行動する
    利用者と仲良くなる、事業を楽しむことはとても良いことですが、利用者と同じ視点で行動しないようにしましょう(スタッフの一員であることを自覚する)。
    施設内では常に利用者に見られていることを意識してください。
  3. 事業内容の趣旨に合った動きをすること
    事業によって求められる動きは異なりますので、事業内容を把握して参加してください。
  4. 指示されなくても自分で出来ることを考えて行動する
    事業運営の面では担当者の指示に従っていただく必要はありますが、利用者への気遣い・会場の設営等、自分で考えて動ける場面では積極的に動いてください。
  5. コミュニケーションをよくとる
    自然の家職員、他のボランティアとは密に連絡を取り合ってください。
  6. 時間厳守

担当:国立若狭湾青少年自然の家 事業係 藤間 隆行
e-mail:ta.fujima@niye.go.jp
tel:0770-54-3100(代)
福井県小浜市田烏区大浜

平成29年度 事業日程

事業名 日程 ボランティア内容 募集人数
食育体験シリーズ
~地域文化の伝承~
①へしこ作り 平成29年4月22日(土)~4月23日(日)
(1泊2日)
運営補助 3人
②なれずし作り 平成29年11月3日(土)~11月4日(日)
(1泊2日)
運営補助 2人
③郷土料理(仮称) 平成30年1月13日(土)~1月14日(日)
(1泊2日)
運営補助 3人
トビーキッズの
たんけん隊
①春のたんけん 平成29年5月13日(土)~5月14日(日)
(1泊2日)
班付リーダー
運営補助
10人
②夏のたんけん 平成29年7月15日(土)~7月17日(月)
(2泊3日)
班付リーダー
運営補助
14人
③秋のたんけん 平成29年10月21日(土)~10月22日(日)
(1泊2日)
班付リーダー
運営補助
12人
④冬のたんけん 平成30年2月3日(土)~2月4日(日)
(1泊2日)
班付リーダー
運営補助
12人
若狭湾 海湖の自然学校 平成29年8月5日(土)~8月12日(土)
(7泊8日)
班付リーダー
運営補助
10人
若狭湾 海湖の自然学校 同窓会 平成30年2月10日(土)~2月11日(日)
(1泊2日)
企画
運営
同上

若狭の自然の中で

(不登校児童生徒支援事業)

~東海市との連携~

平成29年9月16日(土)~9月18日(月・祝)
(2泊3日)
運営補助 12人
わくわく体験塾 平成29年10月7日(土)~10月9日(月・祝)
(2泊3日)
班付リーダー
運営補助
10人
三方サイクリング 平成29年10月28日(土)~10月29日(日)
(1泊2日)
運営補助 8人
若狭湾”夏の”フェスティバル 平成29年8月26日(土)~8月27日(日)
(1泊2日)
運営補助
若狭湾”海の”フェスティバル 平成29年9月30日(土)~10月1日(日)
(1泊2日)
運営補助
若狭湾クラフトマルシェ 平成29年11月9日(土)~11月10日(日)
(1泊2日)
運営補助 8人
わかさわん うみはともだち

平成29年8月(海編)

平成29年10月(山編)

平成30年1月(冬期編)

運営補助 各3人

※募集予定人数は変更する場合があります
※短期間の参加も可(例:土日だけ)

法人ボランティア登録から実際に参加するまでの流れ

  1. 養成カリキュラム受講
    ボランティア養成セミナーはこのカリキュラムを満たしております
  2. 申込書提出
    *申込書記入上の注意について
  3. ボランティア保険加入 コピー提出>
    *ボランティア保険加入方法について
    *ボランティアセミナーで加入可
  4. 法人ボランティア登録 完了
    ボランティア登録証を発行させていただきます
  5. 事業案内等 受け取り
    事業の要綱等が完成しましたらメール又は郵送でボランティアの募集をさせていただきます
  6. ボランティア参加希望
    ボランティアコーディネーター宛に電話又はメールしてください
  7. ボランティア参加決定
    ボランティア参加希望者が多い場合は、担当者と相談して参加者を決定させていただきます
  8. ボランティア参加

ボランティア参加について

参加問い合わせ時に

  • 参加したい事業名
  • 前泊の有無と参加できる日程
  • 公共交通機関のルートと到着時間

をお教えください

公共交通機関を利用してご来所ください。最寄り駅(三方駅、上中駅)からの送迎をいたします。

ボランティア参加時の持ち物については、参加の一週間前までには連絡いたします。
初参加の場合は債主登録が必要なため、印鑑と銀行口座の控えを持参してください。
初参加でない場合でも、旅行命令簿に印が必要なため、印鑑(シャチハタ不可)を持参してください。

登録申込書の記入方法について

  1. 名前・フリガナ・生年月日・性別・住所・連絡先は必ず記入してください。(登録番号は更新者のみ)
  2. 施設名は「国立若狭湾青少年自然の家」と記入してください。
  3. 交通経路の欄について、鉄道会社名、駅名、区間料金まで記入してください。
    その際、バス等の車両の公共交通機関の交通費については日当に含まれるため旅費支給はありません(ただし交通手段がバスしかない場合はこの限りではありません)。交通費を実費分に近づけるため最寄りの鉄道の駅名から記入してください。
    また駅と駅との中間点に自宅がある場合には、目的地寄りの駅名を記入してください。

ボランティア保険の加入方法について

  1. ボランティア活動保険加入申込書を最寄りの社会福祉協議会に取りに行き、必要事項を記入してください。
    窓口にて全国社会福祉協議会の保険に登録したいと申し出て下さい。何も言わず保険登録したいとだけ言うと、その地域の保険登録になる恐れがあります。
    その際、保険加入掛金として300円(基本タイプAが原則、それ以上は自由選択)が必要ですので用意してください。
    最寄りの社会福祉協議会の所在については URL (http://www.shakyo.or.jp/) へアクセスしてください。
  2. 登録が済めば加入証が発行されるので、加入証のコピーを取り、若狭湾青少年自然の家に返送してください。
    ※まとめて登録する場合、ボランティア活動保険加入申込書に代表者一名が必要事項を記入します。
    その際に登録するメンバーの名簿を作成してください。名前のみで結構です。
    ただし、保険掛け金300円×人数分と代表者の印鑑を用意してください。

担当:国立若狭湾青少年自然の家 事業係 藤間 隆行
e-mail: ta.fujima@niye.go.jp
tel: 0770-54-3100(代)
福井県小浜市田烏区大浜

若狭湾青少年自然の家における注意事項

  1. 館内では上履きが必要です。必ず上靴かスリッパを持参してください
  2. お風呂にはシャンプーやリンス、石けん類は置いていませんので、持参してください
  3. 喫煙は所定の場所のみとし、それ以外は屋外も含めて全て禁煙となっています
  4. 特別な場合を除き、飲酒は認めていません。
  5. 食材を持込んで野外炊飯を行うことは、食中毒防止のため、認めていません。
  6. 持ち込まれたものから生じたゴミは、全てお持ち帰りいただいています
  7. 入浴は22時45分までには必ず済ませてください
  8. 貴重品の管理はご自分で行ってください
  9. 館内の水着での移動はしないでください

宿泊棟の利用における注意事項

  1. 宿泊室での飲食は、室内の環境を良好に保てない恐れがありますので、認めていません。
    なお、水分補給のためにお茶や清涼飲料水等を飲用することは可能です。
  2. 宿泊棟から出るときは、宿泊棟内の電気を消すように心がけてください
  3. 宿泊室ではドライヤーを使用しないでください。ブレーカーが落ちます。
  4. 掃除機は1フロアにつき1台のみ使用可能です。
  5. 最終日には宿泊室を元通りきれいにしてください(来たときよりも美しく)。